骨がもろくなる原因

悩む男性

骨粗鬆症なる原因はエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンとの関わりが強く、閉経する事でエストロゲンが不足しやすくなり、治療を必要とする段階まで低下してしまうことがあります。女性に起こりやすいので、閉経後の女性は特に注意しましょう。

もっと詳しく

骨粗鬆症を予防する

悩む男性

骨粗鬆症の予防をする事によって、治療する必要がない健康な体を作る事が出来ます。骨を形成しやすい栄養をと摂取する事と、適度な運動をする事で骨密度を高める事が出来るので、日常生活を改善するように意識する事が大切です。

もっと詳しく

国民病となっている

先生

50歳女性の三人に一人は発症していると言われている国民病が骨粗鬆症です。骨密度が低下している状態であり、転倒や骨折をしやすい非常に危険な状態となっています。骨がスカスカな状態なので、通常では考えられないような状態から骨折してしまう可能性もあるので注意が必要な症状です。更年期以降特に発症しやすくなっており、閉経する事が出来る女性は特にエストロゲンの分泌が急激に減少してしまうのでかかりやすくなっています。2cm以上身長が縮んだ方は特に注意が必要であり、歳をとったからというのが原因と考える方も多いですが、背骨が曲がるなどで縮む事が原因である可能性も高いです。椎体骨折である可能性もあり、背骨が常時曲がった状態となって背が縮む事があります。慢性的になる事が多く、痛みに気づかずにそのままとなっているパターンもあるので注意しましょう。

骨粗鬆症の治療には薬を使用して直す方法がありますが、それにプラスして生活習慣を改善する必要があります。予防と治療のどちらでも有効的な手段となっていますが、骨を形成しやすくなる成分を多く含む食事と適度な運動をする事が大切です。骨粗鬆症以外でも重要な要因となっている事なので、生活習慣そのものを改善する事が健康な体作りにとって一番良い事となっています。要介護となる可能性も上位でもありますので、元気な高齢者となるためにも、骨粗鬆症にならない事がとても重要なのです。高齢者になって、子供や孫に面倒をかけてしまうばかりか、自分の将来的にも楽しみを削る結果となってしまいます。将来をきちんと楽しみたいのであれば、若い時期から骨の状態を良くする事によって骨粗鬆症にならない優良な体となりますので、日頃から健康を維持出来るように心掛けて生活しましょう。

自分の努力が鍵となる

先生

骨粗鬆症を治療するには、自分との戦いに勝つ事が必要となります。薬を貰う事が出来ますが、生活習慣そのものを改善する必要があるので、意識的に骨粗鬆症治療をする必要があり、治った後も続ける事が大切な要因となっています。

もっと詳しく